自動車査定の相場 下取りと買取の違い

下取りと買取の違い

車を買い替えるにあたり、必ず出てくる問題といえるのが「買取」か「下取り」かという問題です。
いずれも車を「売る」ということに変わりはありませんが、どうせ売るのであれば少しでも高い金額で買い取ってもらうに越したことはありません。

 

まず車の買取と下取りとの違いですが、車の買取とはその名の通り、車を売ってそのお金を受け取ることをいいます。
それに対して車の下取りとは、車を売った代金の分を次に買う車から割り引いてもらうというシステムのことです。
車の下取りは、買取に出した先で次に買う車を購入することが条件となることが多く、主に販売店やディーラーなどが行っています。
下取りの場合は、基本的に次の車を売ることが大きな目的となっていますので、下取りの金額もそれほど高くならないのが現状です。
下取りの金額がそれほど高くないもうひとつの理由は、下取りの査定を依頼するところが1つの業者だけであるという点です。

 

これは車の下取りに限ったことではありませんが、商品を購入する際に「競合」がなければその値段で買うしかありません。
下取りについても競合がないのとほぼ同じ状態で車を売ることになりますので、どうしてもその金額については安くなってしまう傾向にあります。
そのため、少しでも高く車を売りたいということであれば買取業者に依頼するということになります。
車の買取業者は、車を買い取った人に「次の車」を販売することを目的としておらず、買い取った車については異なるルートを通じて販売することになっています。
買取の金額についても下取りに比べ高い金額がつくことが期待できます。

 

また、車の買取業者についてはインターネットを利用して複数の業者に一括で買取見積を依頼することができますので、手軽に見積をとることが可能です。
複数の業者に買取見積を依頼することにより、その中から高い金額をつける業者を探すことができますし、より高値で買い取ってもらえる可能性が高くなるというわけです。