自動車査定の相場 出張買取査定の流れ

出張買取査定の流れ

車を買取に出す場合に便利なのが、出張買取査定です。
出張買取査定とは、その名の通り買取業者が直接車のあるところまで出張してくれるサービスのことで、こちらから車を業者まで持ち込む必要がないというメリットがあります。
車の買取の場合、どうしてもその車を直接確認しないことには金額の計算ができませんが、そのための方法の一環としてこうした出張買取査定というものが用意されています。

 

この出張買取査定の流れとしては非常にシンプルですが、まずは査定を受けたい業者に連絡をとり、出張査定をしてもらう日時を決めます。
もっとも、業者によっては出張買取査定のサービスそのものを行っていないというケースもありますので、できれば早い段階でサービスの有無を確認しておきたいところです。
また、出張買取査定を行っている業者であっても距離によって出張できなかったり、あるいは費用が発生する場合もありますので注意しましょう。

 

さて、出張査定をしてもらえることになった場合は先述の通りまずは予定を決めます。
予定日になると買取業者の担当者が車の査定に来ますが、ここで車の金額が決まりますのでそれまでに揃えておくべき付属品などがあれば忘れずに用意しておきましょう。
査定そのものについては30分〜1時間程度で完了する場合がほとんどです。
計算された買取金額についてもその場で提示されますので、その金額で問題なければ契約の手続きについて説明があります。

 

もし複数の業者に査定を依頼している場合には、この段階で返答をせずに後日連絡する旨を伝えると良いでしょう。
全ての業者の査定が完了してから連絡するのがベストです。
出張買取査定はあくまでも査定だけですので、その業者で買取をしてもらうかどうかについてはまた別の話となります。
従って、必要書類については契約すると決めてから用意しても問題はありませんので、査定の日までにすべて書類が揃っている必要はありません。
ただし、契約日の返答については査定の後にあまり時間を開けないようにしましょう。