自動車査定に必要な書類

自動車査定に必要な書類とは

車の買取には様々な書類が必要となります。
車を買取に出す際に用意すべき書類には、大きく分けて車を買取に出す側が用意するものと買取業者で用意できるものとに分けられます。

 

まず最も基本となるのが車検証や自賠責保険証といった車の整備に関する書類です。
これらの書類は基本的には車に常備しておくものとなっており、何かなければ外に出すことはありませんのでおそらく紛失といったことは可能性は低いのではないでしょうか。
自賠責保険証に関しても同様に保険の支払いをしていれば特に問題なく書類があるはずですが、これがなければ車の買取以前に車の運転そのものが法的にはできないものとなります。

 

そのため、これらの書類は車の買取はもとより、車を取り扱う者であれば最も基本ともなるものです。
同じように必要な書類となるのが自動車税や軽自動車税の納税証明書です。
こちらについても毎年自動車税や軽自動車税を納税していれば証明書類が手元にあるはずなのですが、もし納めていないまま車を運転していればそれも法律違反となりますので注意しましょう。

 

なお、これらの書類については紛失していた場合でも申請すれば再発行を受けることができます。
ただしその場合には時間がかかりますので、もし紛失していることがわかればできるだけすみやかに申請するようにしてください。
この他必要な書類としては印鑑証明や実印などです。
車の買取は所有権の移転を行うことでもありますので、実印を押しての契約が必須となります。

 

次に、買取業者で用意できる書類としては譲渡証明書と委任状があります。
譲渡証明書は、車の名義が元の持ち主から買取業者に移転したことを証明する書類です。
委任状は、名義が移った車に対して次の新しい持ち主を探してもらうことを文字通り買取業者に「委任」するための書類となります。
いずれも買取業者が持っている書式があり、業者によってはホームページからダウンロードできる仕組みを用意しているところもありますので、事前に記入しておいても良いかもしれません。